記憶に残るお菓子

家で作るお菓子と言えばクッキーにホットケーキ、そしてプリンやシャーベットなどが定番かもしれませんが、母親の趣味がお菓子作りだという家庭では、スポンジから焼き上げたデコレーションケーキやマフィンにパウンドケーキなどが家庭の記憶として心に焼きついているかもしれません。それぞれの家庭によって異なるでしょうが、家族との懐かしい記憶とともに、家でよく出てきたお菓子のバターやシロップの甘い香りを思い出すという人も少なくはないでしょう。

子供の頃のアルバムをめくれば、キッチンで白い粉をまぶしながらすまし顔で写る姿や、星や動物型にくり抜いて焼き上げたクッキーを誇らし気に指でつかんでポーズをとる写真が一枚や二枚は出てくるのではないでしょうか。手作りのお菓子は、それが何かの記念日でもあるかのように、子供にも大人にとっても特別な思い出であるはずです。

手作りのケーキだけで考えたとき、最初に浮かぶものはやはりホットケーキではないでしょうか。スーパーでは市販のホットケーキミックスが種類も豊富に棚に並んでおり、手軽で簡単に作れるお菓子として重宝している人も多いでしょう。子供と一緒に親子ではじめて共作した料理がホットケーキだったという人も結構たくさんいるのではないでしょうか。

現在では、有名レストランのシェフが監修したものから素材やパッケージにプレミアム感を持たせたホテル仕様といった高級感のあるもの、温めるだけでホテルやカフェで提供されるものと同じ味を再現できる冷凍のものまで、時代の変遷と共にいまや家庭でも本格的なホットケーキが楽しめるようになりました。

海外ではホットケーキのことをパンケーキと呼び、もともと朝食やランチに食べるものとして慣れ親しまれてきたようです。最近ではパンケーキの専門店が日本で続々とオープンし、ホイップクリームやフルーツを添えたスイーツ系以外にも、肉や魚にスクランブルエッグや野菜を添えた食事系のパンケーキも提供されており、それらがすっかり定着しています。そのような専門店では、カラダや健康に配慮した素材を用いていたり、口に入れると溶けてなくなってしまいそうなふわふわ感を売りにしていたりと、その店独自のこだわりの製法で焼き上げて完成させるため、家庭で真似て作ることはむずかしいようです。

大人から子供まで、性別を問わず誰もが楽しめるのもパンケーキの魅力なのでしょう。美味しいパンケーキか食べられるとあって、どこも行列ができるほどの人気を博しています。新しいのにどこか懐かしさを覚えるパンケーキを、ぜひ一度ご家族で味わいに出かけてみてはいかがでしょうか。

特別なパンケーキ